ロシアのロールスロイス、最新の姿を激写!大統領専用車として2021年デビューか

アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)
アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

ロシアの新興高級車ブランド「Aurus」(アウラス)初のクロスオーバーSUVとなる『Komandant』(コマンダント)市販型プロトタイプを、カメラが捉えた。

ロシア語で「指揮官」を表すコマンダントは、国家的威信をかけ、「コーテージ」(儀式の行列)プロジェクトとして開発。プーチン大統領の次期専用車とも噂されている。

厳冬のスウェーデン北部で捉えたプロトタイプは、ロールスロイスのクロスオーバーSUV『カリナン』を彷彿させるグリルとLEDヘッドライトが見てとれる。テールライトやCピラーなどはまだ開発途中のようだ。また、後部車室ドアは、カリナンがリアヒンジの観音開きなのに対し、一般的なフロントヒンジドアとなっている。

ダッシュボードは、ベースとなる高級サルーン『セナート』と似た最先端のデジタルクラスタ、インフォテイメントシステムなどを装備、コンポーネンツを共有しているようだ。

アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力598ps、最大トルク880Nmを発揮するハイブリッドで、9速ATトランスミッションと組み合わされ、全輪駆動システムと連動するという。

市販型のワールドプレミアは2021年内、2022年から生産開始と予想される。

アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)アウルス コマンダント 開発車両(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】ロシアのロールスロイス、最新の姿を激写!大統領専用車として2021年デビューか(14枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  4. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  5. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  6. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  7. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  10. 車に積んでおきたい防災グッズ 5選
ランキングをもっと見る