衝突被害軽減ブレーキが効かないおそれ、ボルボ XC40 など1万2000台に改善対策

ボルボ XC40
ボルボ XC40全 2 枚写真をすべて見る

ボルボ・カー・ジャパンは、『XC40』などの衝突被害軽減ブレーキに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは、『S60』『V60』『V60クロスカントリー』『V90』『V90クロスカントリー』『XC60』『XC90』『XC40』の8車種で、2019年3月15日~2020年3月11日に輸入された1万2556台。

対象車種は、衝突被害軽減ブレーキシステムにて、レーダーおよびカメラを搭載したASDM(アクティブセーフティドメインマスター)のプログラムが不適切なため、前方の静止車両や歩行者をシステムが検知できないことがある。そのため、衝突回避・被害軽減ブレーキが作動しないおそれがある。

改善措置として、ASDMのプログラムを対策プログラムに書き換える。

国内での不具合や事故は起きていない。本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルボ XC40 B5 Rデザイン
  • ボルボ XC40 リチャージ P8 AWD
  • ボルボ XC40 リチャージ プラグインハイブリッド
  • XC40 Recharge Plug-in hybrid T5国内販売開始
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ