日野プロフィア・トラクターシリーズを一部改良 安全装備を充実

日野プロフィア・トラクター
日野プロフィア・トラクター全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車は4月6日、大型トラック「プロフィア」のトラクターシリーズに安全装備を拡充するなど一部改良して5月1日に発売すると発表した。

今回の一部改良では、車両左右前端に設置したセンサーが衝突のおそれがある車両を検知し、警告音とメーター表示でドライバーに注意喚起する「サイトアラウンドモニターシステム」や、わき見、マブタの開閉状態に加え、ドライバーの運転姿勢崩れなどを認識して前方不注意を検知すると警報を発する「ドライバーモニターII」などを標準装備する。

また、各タイヤの空気圧や、空気圧低下によるパンクの予兆をマルチインフォメーションに表示してドライバーに知らせる「タイヤ空気圧モニタリングシステム」をオプション設定する。

このほか、2020年9月1日から適用となる車載式故障診断装置(J-OBDII)搭載の義務化に対応する。

型式「2PG-SH1EDGG」のハイルーフキャブ、リヤエアサス仕様が1969万5500円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野 プロフィア(2007年)
  • 日野プロフィア(参考画像)
  • 日野プロフィア
  • 日野プロフィア
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ