【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く
【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く全 26 枚写真をすべて見る

コンパクトカーのクロスオーバーSUVとして登場したフィット クロスター。こだわり派のユーザー層も多い同車なので足もとを飾るホイールチョイスには是非ともこだわりたい。そこでクロスターをもっとカッコ良く見せる2モデルのホイールをピックアップしてみた。

フィット クロスターを彩る
セイムサイズのホイールを選ぶ

人気のコンパクトモデルであるフィット。中でもクロスオーバーSUVであるクロスターは感度の高いユーザーにもヒットするグレード。そんなベース車を手にするユーザーは内外装のドレスアップにも気を配るユーザー層だと推測できる。中でもホイールは外装のオリジナリティを追求する上ではもっともベーシックなアイテムだ。特にブラックアウトされたホイールアーチプロテクターや、ボトムまわりの樹脂パーツを備えたクロスターは、ホイールのチョイス次第で大きくイメージを変えることができるベース車両だ。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

そこで今回注目したのはモンツァジャパンのワーウィックブランド。数多くのホイールラインアップを備える同ブランドの中でも、ワンランク上のドレスアップを目指すユーザーをターゲットにしたシリーズとして高い評価を受ける。インチアップはもちろんだが、手軽にホイール交換が可能なセイムサイズでの対応モデルも数多く用意し、ユーザーニーズに合わせたセレクトを可能にした。

今回ピックアップしたのはWarwic Adessor(ワーウィック アデッサー)、Warwic DEEPRAND(ワーウィック ディープランド)の2モデル。いずれもセイムサイズの16インチを用意、各部のデザインや塗装処理などで高級感や存在感を出し、フィット クロスターの足もとを彩るにはぴったりのモデルとなった。

これらのモデルにはクオリティの高い粉体塗装を用いたり、ホイール裏面に排水のための処理を施しホイールの耐久性を上げるなど、細部にまで気を配った作り込みが施され、デザイン性のみならず普段使いする上での安心のクオリティを提供しているモデルでもある。

細身のスポークデザインで大径感を強調
磨き跡を残さないスムーズな表面処理も美しい

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

まず最初にクロスターに試着したのは「ワーウィック アデッサー(Warwic Adessor)」。16インチ 6J IN43のセイムサイズを用意、タイヤも純正と同じ185/60R16としている。コンパクトモデルのユーザーニーズとして、手軽なセイムサイズでカッコいいホイールを選ぶケースが多いこともセレクトの理由となった。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

アデッサーの最大の特徴はそのスポークデザインだ。8対の細身のツインスポーク形状を持ち、フィンデザインのような効果も引き出しているのが特徴だ。さらに各スポークはリムオーバーし、加えてセンターキャップ側にもスポーク先端を伸ばしてデザインするこだわり。“足長”感を強調することで実サイズ+1インチ以上の大径効果があるのがこのデザインの特徴と言える。さらにスポークにはトップ面とサイド面に細かな造形を施し、立体感を持たせているのも見どころ。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

またカラーリングもこのモデルの注目ポイントだ。ハイパーブラック/ハーフミラー/ポリッシュのカラーリングを持ち、スポークやリムまわりはハイパーブラックとハーフミラーのツートーンで変化を付ける。クリアには粉体塗装を用いているので塗装面に深みがあり高級感をさせる。さらにポリッシュによる磨き跡を残さない処理も施しキラキラと輝くテカり感を存分に引き出したのも狙い通り。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

足もとに存在感と大径感を与えたいならば絶好のモデルとなった「ワーウィック アデッサー(Warwic Adessor)」。セイムサイズとは思えないインパクトある足まわりを作るなら見逃せないモデルだ。

リムのあるスタイリングで存在感を発揮
Y字型スポークによるデザイン性も魅力

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

次にクロスターに試着させてみたのは「ワーウィック ディープランド(Warwic DEEPRAND)」だ。先に紹介した「ワーウィック アデッサー(Warwic Adessor)」と違い16インチ6J IN45のスペックを備え、セイムサイズで手軽にクロスターのドレスアップが実施できるモデルとして注目した。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

デザイン上の特徴はリムのあるフォルムだ。足もとに存在感を与えるのに効果的なリム、このモデルではポリッシュ仕上げしたリムがホイールのアウトラインを明確にして存在感も満点。スポークがリム側に接合する部分もリムに影響しないデザインとしているのも特徴。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

またピアスボルトを配した外周部も明確なアイキャッチとなっている。車体に装着するとリムによる奥行き感もひときわ感じられ、リムの効果がよりはっきりと読み取れる。

【ホンダ フィット クロスター】上質な程よいインパクト。モンツァジャパンのホイールを履く

一方、スポークの個性的なデザインも見どころだ。Y字型形状の8対のスポークを備え、ツインスポークにも見せるデザイン。スポークのサイド面に段差を付けることでスポークのラインに変化を付け、センターキャップから大きく弧を描いてリム側へと落ち込むスポークに立体感を与えている。

カラーリングはハイパーブラック/ミラーカット/ポリッシュ。リム部にはミラーカットを施すことで高級感を演出。さらに粉体塗装を用いたクリアで厚みのある塗装面としている。

クロスターの足もとをリムを持つホイールでアピールした「ワーウィック ディープランド(Warwic DEEPRAND)」。ミラーポリッシュしたリムやピアスボルトによる輝きが、きらびやかなイメージを演出。SUVの足まわりにもこの手のホイールが合うことを確認できた。
MONZA JAPAN Warwic Adesserはこちら
MONZA JAPAN Warwic Deeplandはこちら

《土田康弘》

この記事の写真

/

ピックアップ