免許証の有効期限を延長、対象を7月末までに拡大 新型コロナウイルス

運転免許証(イメージ)
運転免許証(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

警察庁は4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応して、運転免許証の有効期限を3カ月延長できる対象者を拡大した。

運転免許証の更新期間である誕生日1カ月前から1カ月後までに、運転免許センターや警察署に申し出ることで、運転免許証の有効期間を3カ月延長できる。対象について今回、免許証の更新期限が3月13日から7月31日までの人に拡大した。これまでは4月末までの人が対象だったが、新型コロナウイルスの問題が長期化する見通しとなったことや、感染が拡大していることから対象者を拡大した。

すでに更新期限を3カ月延長した人でも延長後の期限が7月31日までの人は再度、延長できる。

延長しても7月31日までに講習の受講や適性検査を含む通常の更新手続きを改めて受ける必要がある。

更新期限までに手続きを行うことができずに運転免許が失効した場合は、失効から最長3年以内で新型コロナウイルス問題が終息して1カ月以内なら学科試験、技能試験が免除で再取得できる。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ