東武のSL列車、GWまで運休…イベント自粛や減便も相次ぐ 私鉄・公営交通の新型コロナウイルス対策

GWまでの運休が決まった東武の『SL大樹』。
GWまでの運休が決まった東武の『SL大樹』。全 2 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言の発出を受けて、私鉄各社や公営交通でも減便やイベント中止など、自粛の動きが広がっている。

東武鉄道(東武)は、東武鬼怒川線のSL列車『SL大樹』を4月11日から5月5日までの延べ11日間運休するほか、東武宇都宮線では車内の換気対策として、4月11日から当面の間、ボタン開閉による半自動ドア扱いを自動開閉とする。

一方、埼玉県の秩父鉄道では4月13日から当面の間、減便を行なうとしており、土休日も平日ダイヤを基本に運行。始発列車の繰下げや最終列車の繰上げ、急行や西武線直通列車の全面運休を行なう。

私鉄の減便は千葉県の銚子電気鉄道でも4月11日から実施され、当面の間、6~11時の上下各5本、17~19時の上下各2本が運休となる。

また、公営交通では、熊本市交通局が運行する熊本市電で4月15日から当面の間、平日に限り、深夜帯の3本を運休。代わりに混雑する朝通勤時に3本を増発する。

このほか、相模鉄道(相鉄)では4月10日から当面の間、駅の待合室を閉鎖。名古屋鉄道(名鉄)は「名鉄でんしゃまつり」、阪急電鉄(阪急)は「春の阪急レールウェイフェスティバル」の中止を発表している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道・東北新幹線H5系の車内。E5系やE7系、W7系とともに4以上の車椅子用フリースペースを設けることとされている。
  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。

ピックアップ

Response.TV