「今こそ、ドライブインシアターをつくろう」5月開催に向けクラウドファンディング開始

ドライブインシアター2020(イメージ)
ドライブインシアター2020(イメージ)全 4 枚写真をすべて見る

シアタープロデュースチーム「ドゥイット・シアター」は、ドライブインシアターの実現を目指すプロジェクト「ドライブインシアター2020」のクラウドファンディングを4月10日より開始した。

ドライブインシアターとは、巨大な駐車場にスクリーンを配置し、車に乗ったままカーステレオから音を出し、映画が鑑賞できる映画上映施設。米国発祥のこの鑑賞スタイルは1950~60年にブームとなり、子ども連れの家族レジャーや、若者たちのデートとして人気を博した。日本でも90年年代に流行したが、2010年に大磯ロングビーチのドライブインシアターが閉館となって以来、2020年現在国内で体験する方法はほぼない。

ドライブインシアター2020は、新型コロナウイルス感染予防の啓発と映画をはじめとするカルチャーの活性化が目的だ。ドライブインシアターを実施するには、スクリーンの設営、各種機材のレンタル、上映に関わるプロフェッショナルの参加、安全確保のための人員配置、上映作品レンタル費用、土地の使用料、さらに今回は新型コロナウイルスの対策費用などを含め、多額の資金が必要となる。今回、クラウドファンディング・プラットフォーム「MOTION GALLERY」を利用して、まずはドライブインシアターの実施と中長期的な継続を目的に支援を募る。

また、リターンの1つとしてドネーションアイテムも用意し、まずカルチャーの1つであるミニシアター支援を行うクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」と、世界保健機関(WHO)および国連財団による「COVID-19連帯対応基金」に対して寄付を行う。

同プロジェクトでは、第1回ドライブインシアター2020を大磯ロングビーチで5月に開催することを計画。具体的な開催日・上映作品・参加方法・諸注意などについては、後日あらためて同クラウドファンディングページ上で発表する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金制度の概要
  • (イメージ)
  • ポストコロナ時代の道路政策とは?(イメージ)
  • 貸切バスについてのリーフレット
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV