カルマ、完全自動運転の商用車発表…次世代電動車向け車台がベース

カルマの完全自動運転商用車、L4 Eフレックスバン
カルマの完全自動運転商用車、L4 Eフレックスバン全 4 枚写真をすべて見る

カルマオートモーティブ(Karma Automotive)は4月9日、次世代電動車向け車台の「カルマ Eフレックス」をベースに開発した自動運転商用車、『L4 Eフレックスバン』を発表した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『レヴェーロGT』を生産・販売している。

L4 Eフレックスバンは、新しい電動モビリティソリューションを提供するために設計された5つのプラットフォームのひとつ、EV向けアーキテクチャを備えたレベル4の自動運転商用車だ。フルEVとエンジンを併用したレンジエクステンダーEVに対応する。

カルマのL4 Eフレックスバンには、エヌビディアの自動運転車向けコンピューティングプラットフォーム「NVIDIA DRIVE AGX Pegasus」を搭載している。これにより、320兆/秒のディープラーニング動作を可能にした。2つの「NVIDIA Xavier」プロセッサと、2つの「Tensor Core GPU」を備えたスケーラブルなアーキテクチャの上に構築されている。

カルマは、エネルギー効率の高い高性能AIコンピューターが、ディープニューラルネットワークを同時に実行して、安全で高度に自動化された完全自動運転を実現する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV