BMW X6、チャイルドシート固定ブラケットが破損するおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は4月13日、BMW『X6』シリーズ3車種について、ISOFIX固定ブラケットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「X6 xDrive 35i」、「X6 xDrive 50i」、「X6M」の3車種で2014年7月21日~2019年6月14日に製造された1724台。

チャイルドシートを後部座席に据え付けるISOFIX固定ブラケットの耐久性が不足しているため、チャイルドシートを固定した状態で繰り返し負荷がかかるとブラケットが破損することがある。そのため、チャイルドシートを適切に固定できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該ブラケットに補強プレートを取り付ける。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの情報により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW X5Mパフォーマンス(左)とX6Mパフォーマンス
  • BMW X5 新型
  • BMW X5 新型
  • BMW X6
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ