BMW X6、チャイルドシート固定ブラケットが破損するおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は4月13日、BMW『X6』シリーズ3車種について、ISOFIX固定ブラケットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「X6 xDrive 35i」、「X6 xDrive 50i」、「X6M」の3車種で2014年7月21日~2019年6月14日に製造された1724台。

チャイルドシートを後部座席に据え付けるISOFIX固定ブラケットの耐久性が不足しているため、チャイルドシートを固定した状態で繰り返し負荷がかかるとブラケットが破損することがある。そのため、チャイルドシートを適切に固定できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該ブラケットに補強プレートを取り付ける。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本国からの情報により、リコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  4. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  7. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  8. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  9. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  10. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
ランキングをもっと見る