東北や静岡でも観光列車が運休へ…大井川鐡道井川線は4月14日から路線ごと運休に 新型コロナウイルスの影響

4月14日~5月8日の全線運休が決まった大井川鐵道井川線。
4月14日~5月8日の全線運休が決まった大井川鐵道井川線。全 3 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東北や静岡でも観光列車や観光路線の運休が発生した。

JR東日本では4月13日、山形新幹線で運行している『とれいゆ』、仙台支社が運行している『フルーティふくしま』『リゾートみのり』の運行を5月末まで中止すると発表。

JR東海は「静岡デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」にちなんで、5・6月に東海道本線や高山本線で運行を予定していた観光臨時列車7本の運休を決定した。

私鉄では、静岡県の大井川鐡道が、観光色の強い井川線千頭~井川間を4月14日から5月8日まで全線運休すると発表。静岡県富士市内の吉原駅と岳南江尾駅を結ぶ岳南電車では、GWまでに予定していたイベントや夜景電車の運行を見合わせる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV