カイエンクーペにも「ライオン」…820馬力の最強ハイブリッド、車名は「GTS」か!?

ポルシェ カイエン GTSクーペ(仮)開発車両
ポルシェ カイエン GTSクーペ(仮)開発車両全 14 枚写真をすべて見る

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』ファミリーの頂点に設定されると噂されるモデルの最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。市販型に与えられる車名は断定できていないが、『カイエン GTSクーペ』または『カイエン GTクーペ』が有力のようだ。

これまで赤いボディの車両が目撃されていたが、黒いボディは初だ。以前のプロトタイプと同様にフロントエンドには、6つの大きな吸気口を装備し、『カイエン ターボS E-ハイブリッド クーペ』と同じデザインが見てとれる。

現時点で、モデルのアイデンティティを正確に特定することは困難だが、リアバンパーのセンターには、『911GTS』を彷彿させる新開発のデュアルエキゾーストシステムがインサートされている。その両端には古い排気フィニッシャーもあるが、プラスチックで埋められており、それがフェイクだとわかる。

現在ポルシェは、4ドアサルーン『パナメーラ』に設定される最強モデル、「ライオン」(コードネーム)を開発していると噂されている。パワートレインは、パナメーラ ターボS E-ハイブリッドから流用される4.0リットルV型8気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドで、その最高出力670psを凌駕する820psを発揮すると予想されており、このモデルにも搭載が噂されている。

コロナウィルスの影響でワールドプレミアは流動的だが、最速で2020年内にもオンラインデビューが期待されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV