京阪のケーブルカーが運賃値上げへ…改定率50%、200円→300円 6月1日予定

石清水八幡宮参道ケーブル
石清水八幡宮参道ケーブル全 2 枚写真をすべて見る

京阪電気鉄道(京阪)は4月13日、鋼索線(石清水八幡宮参道ケーブル)の運賃改定を、同日付で国土交通省近畿運輸局に対し申請したことを明らかにした。改定率50%の値上げとなる。

石清水八幡宮参道ケーブル(旧男山ケーブル)は、京都府八幡市内のケーブル八幡宮口駅とケーブル八幡宮山上駅を結ぶ0.4kmの路線で、石清水八幡宮への参拝客輸送をおもな目的としているが、年間輸送人員は1978年の69万1000人をピークに減少を続けており、2018年度は35万6000人と半減。慢性的な赤字が続いているという。

加えて、2019年には地上設備の更新、主要機器更新に合わせた車両デザインのリニューアル、駅名変更や駅の美装化といった施策で費用が嵩んだこともあり「現行運賃のままでは赤字状態他の改善は見込めない状況にあります」として申請に踏み切った。

改定日は6月1日を予定しており、認可されれば、改定後の普通運賃は100円増の300円となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ