小海線の無線式列車制御システムは導入延期…新型の運行開始先送りも 新型コロナ

無線式列車制御システムの導入が延期された小海線。
無線式列車制御システムの導入が延期された小海線。全 3 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、各鉄道事業者で新システムや新型車両の導入延期が相次いでいる。

JR東日本は4月14日、小海線(小淵沢~小海~小諸)で4月20日からとしていた無線式列車制御システムの導入を延期すると発表した。このシステムは信号機の条件に応じた情報伝送を、線路上の地上子から無線に置き換えるもので、4月19日に切換え作業を実施する予定だったが、感染防止の観点から中止されることになった。

一方、長野駅(長野県長野市)と湯田中駅(長野県山ノ内町)を結ぶ長野電鉄では、ゴールデンウィークからとしていた3000系の営業運行を延期。同車は東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線用03系6両を譲り受けたもので、2020年中に3両編成2本が登場することになっている。

また、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)の各施設を結ぶ跨座式モノレール「ディズニーリゾートライン」では、2001年の開業以来となる新型車両『リゾートライナー(Type C)』を5月21日から運行する予定としていたが、これも延期されることになった。

長野電鉄が譲受した東京メトロ03系。入線後は3両の短い編成となるが、運行開始日は未定に。長野電鉄が譲受した東京メトロ03系。入線後は3両の短い編成となるが、運行開始日は未定に。

なお、東京ディズニーリゾートの各施設は現在休園しているが、ディズニーリゾートラインは終発を20時3分とする終日14分間隔での運行を行なっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ