VW の新世代EV『ID.3』、量産モデルを発表…バーチャルモーターショーで

電動車専用の「MEB」車台がベース

バッテリー容量の異なる3グレードを設定

エントリーモデルの「ピュア」は3万ユーロを切る

フォルクスワーゲン ID.3
フォルクスワーゲン ID.3全 19 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは、現在開催中のバーチャルモーターショーにおいて、新型EVの『ID.3』(Volkswagen ID.3)の量産モデルを発表した。

バーチャルモーターショーは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響により、3月に予定されていたジュネーブモーターショー2020が中止されたことを受けての対応だ。ジュネーブモーターショー2020のフォルクスワーゲンブランドのブースを、3Dでリアルに再現している。

ユーザーは4月17日までの2週間、自宅から24時間、フォルクスワーゲンブランドのすべての新しいモデルを体験できる。360度ツアーは、ユーザーがショーに没頭できるインタラクティブなデジタル体験を作り出す。 ブースを散歩したり、全方位から車両を眺めたり、使いやすい機能を利用して、ボディカラーやホイールのデザインを変更することもできる。

フォルクスワーゲンが電動化攻勢の中心に据えるのが、「ID.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVのID.3を2020年夏に発売する。これに続いて、SUVセグメントには『ID. 4』を投入する予定で、さらにMPVの『ID. BUZZ』を順次、市場に導入していく。フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

電動車専用の「MEB」車台がベース

ID.ファミリーとして、最初に生産を開始し、2020年夏に発売されるのが、フルコネクテッド機能を備えたコンパクトEVのID.3だ。ロングホイールベースと短いオーバーハングが特長で、内燃エンジンが搭載されていないため、前後アクスルを車両のより外側に配置することを可能にしている。

ID.3には、電動車専用に新開発された「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用する。モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。モーターからリアアクスルへのパワーの伝達は、1速ギアボックスを介して行われる。フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

バッテリー容量の異なる3グレードを設定

ID.3では、バッテリーが他のコンポーネントとともに、車両のフロア下に効率よく搭載される。蓄電容量は、45kWhの「ピュア」、58kWhの「プロ」、77kWhの「プロS」の3種類のグレードが選択できる。新しい燃費基準のWLTPモードにおいて、330~550kmの航続を実現している。

エントリーレベルのピュアは、蓄電容量45kWh のバッテリーを搭載し、フル充電での航続は最大で330km(WLTP)。電気モーターはリアアクスルに搭載され、最大出力126psと最大出力150psの2 種類の出力レベルから選択できる。

プロは、蓄電容量58kWh のバッテリーを搭載し、フル充電での航続は、最大で420km(WLTP)だ。モーターは、最大出力146psと最大出力204psの2 種類の出力レベルから選択できる。

プロSは、蓄電容量77kWh のバッテリーを搭載し、フル充電での航続は最大550km(WLTP)。モーターは、最大出力204ps を発生する。

3 種類のモデルはすべて、AC(交流)、三相交流、DC
(直流)で充電できる。出力100kW の急速充電に対応したプロは、30 分の充電でおよそ290kmの走行が可能なバッテリー容量を充電できる。フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

エントリーモデルの「ピュア」は3万ユーロを切る

エントリーモデルのピュアのドイツ市場におけるベース価格は、3万ユーロ(約352万円)以下になる予定だ。ピュアは、エントリーモデルでありながら、広範囲な標準装備が特長になる。

エクステリアの標準装備品には、18 インチルミホイール、オートコントロール機能付きLEDヘッドライト、LEDテールライトなどが含まれる。インテリアでは、10 色のカラー設定が可能なアンビエントライト「ID. Light」、「エアケアクリマトロニック」と呼ばれるエアコンシステム、インテリジェントな「ナチュラルボイスコントロール」、キーレススタートと呼ばれるコンフォートスタート機能などが含まれる。

また、「レーンアシスト」、車線維持システムの「フロントアシスト」、車両周辺のモニタリングシステム、ダイナミック道路標識ディスプレイ、パークディスタンス コントロールも装備される。

プロとプロSは、3万5000ユーロ(約410万円)以下で購入できるアーバンモビリティ/中距離走行向けのオールラウンダーだ。ピュアよりも大きなバッテリー容量、長い航続、DC急速充電による短い充電時間、より高い出力が特長になる。

プロSは、ID.3ファミリーの最上位バージョンになる。そのスポーティな装備には、19インチのアルミホイールと「プレイ&ポーズ」のデザインペダルが含まれている。

ペットのリアルを伝えるメディア『REANIMAL』

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV