集荷も非対面で、OKIPPA×メチャカリが衣服のサブスク返送で実証実験

置き配バッグ「OKIPPA」
置き配バッグ「OKIPPA」全 3 枚写真をすべて見る

宅配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」とファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」は、衣服のサブスク返送を非対面集荷で行う実証実験を東京都世田谷区で実施すると発表した。

メチャカリは、人気ブランドの新品アイテムを定額で何度でもレンタルできるファッションサブスクリプションサービス。ユーザーはアプリからレンタルするアイテムを選択し、宅配便で商品を受け取ることができる。しかし、返却時には自身で宅配便のアイテムを返送。ユーザーにとって負担となっている返送作業が課題となっている。

今回の実証実験は、玄関前のOKIPPAを用いて非対面で集荷。ユーザーの返送時の発送作業負担をなくし、ユーザーの利用頻度や満足度向上を図る取り組みとなる。ユーザーは、レンタルしたファッションアイテムの返却方法として、アプリでヤマト運輸による集荷を選択し、梱包した返却物をOKIPPAに入れて、指定日に自宅前に置いておくだけで返送ができるようになる。

新型コロナウイルス感染防止対策として、物流業界では「置き配」など非対面受取が注目を浴びているが、戸建て・集合住宅問わず、玄関前から集荷を非対面で行うのは物流業界にて初の取り組みとなる。

置き配バッグ「OKIPPA」置き配バッグ「OKIPPA」

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ