VWグループ、営業利益77%減 2020年第1四半期暫定決算

VW e-UP!
VW e-UP!全 4 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は4月17日、2020年第1四半期(1~3月)の決算(暫定値)を発表した。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は、およそ550億ユーロ(約6兆4395億円)。前年同期の600億1200万ユーロに対して、8.4%減とマイナスに転じた。

また、第1四半期の営業利益は、およそ9億ユーロ(約1055億円)。前年同期の38億6800万ユーロに対して、77%減と大幅な減益となった。

大幅な減益となった要因は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大による部分が大きい。新車需要の落ち込みや、工場の生産休止などが影響して、大幅な減益となった。

なお、フォルクスワーゲングループは、2020年通期(1~12月)の業績見通しについて、新型コロナウイルスの影響で予測することは不可能であり、業績見通しを撤回する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ゴルフ ヴァリアントTDI ハイラインマイスター。夕刻の薩摩半島南端を走行中。背後に見えるのは本土最南端の火山、開聞岳。
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型
  • フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ