三菱ふそう、キューバで過去最大となるトラック96台を受注

キューバのCUPETに納入した小型トラック「キャンター」
キューバのCUPETに納入した小型トラック「キャンター」全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は4月17日、キューバ石油公社(CUPET)から小型トラック『キャンター』など、96台の大型受注を受けたことを発表した。

今回の受注はキューバ市場でのふそう車両の受注としては過去最大となる。内訳は小型トラック「キャンター」(GVW5.7トン)77台、ダブルキャブタイプの小型トラック「キャンター」(GVW6トン)13台と中型トラック「ファイター」(GVW15.1トン)6台。販売はキューバにおけるダイムラーグループブランドの正規輸入業者でもあり、ふそうブランドの現地総代理店であるMCVコマーシャルS.A.(MCV社)を通じて成立した。

CUPETは全国で燃料、潤滑油および液化石油ガス(LPガス)の供給を手掛ける国営組織。また、石油鉱床の探鉱、石油精製や石油製品の販売に加え、キューバ最大の商業公社CIMEXと提携してガソリン・軽油給油所の販売ネットワークも運営している。CUPETは、今回購入した車両をLPガスを使用する顧客や産業施設への供給サービスや技術サポートに利用する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 災害救助用特殊車両:三菱ふそうATHENA
  • 三菱ふそう eキャンター・センサーコレクト
  • 三菱ふそう eキャンター
  • eキャンター F-CELL
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ