ランドローバー世界販売、日本は2.6%増と堅調 2019年度

ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク 新型
ランドローバー・レンジローバー・イヴォーク 新型全 3 枚写真をすべて見る

ランドローバー(Land Rover)は4月18日、2019年度(2019年4月~2020年3月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は36万8066台。前年度比は7.7%減と、引き続き減少した。

世界新車販売が減少傾向にある中、新型を投入した『レンジローバー イヴォーク』は好調だった。2019年度は、およそ8万1550台を販売した。前年度比は24.7%増と回復し、2桁増を達成している。

また、モデルチェンジを受けた『ディフェンダー』も受注は好調という。同車は、2019年度第4四半期(2020年1~3月)に、販売が開始された。

市場別の2019年度実績では、日本が4337台を売り上げた。前年度比は2.6%増と、堅調な伸びを示している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レンジローバースポーツ 2021年モデル
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型のPHV「P400e」
  • レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミックブラック
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型のショートボディ「ディフェンダー 90」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ