南海の観光列車『天空』が全列車運休に…関空特急も一部が運休 4月24日から 新型コロナ

平日上下各2本、土休日上下各3本が設定されている『天空』は、4月24日からすべて運休する。
平日上下各2本、土休日上下各3本が設定されている『天空』は、4月24日からすべて運休する。全 2 枚写真をすべて見る

南海電気鉄道(南海)は4月20日、関空特急『ラピート』の一部と高野線の観光列車『天空』を、4月24日から当面の間、運休すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、利用状況や感染拡大防止を考慮した措置で、『ラピート』は平日が下り難波発8時30分~16時30分、上り関西空港発9時33分~17時35分の各17本、土休日が下り難波発10時30分~22時、上り関西空港発11時35分~22時55分発の各24本がそれぞれ運休する。

一方、『天空』は全列車が運休となり、接続するケーブルカーも合わせて運休となる。

南海ではこれらの再開時期について「新型コロナウイルスの感染拡大状況などを考慮して決定し、改めてお知らせします」としている。

南海の関空特急『ラピート』。4月24日からは平日が上下合わせて34本、土休日が上下合わせて48本運休することに。南海の関空特急『ラピート』。4月24日からは平日が上下合わせて34本、土休日が上下合わせて48本運休することに。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ