ホンダ、ブランドイメージ賞でベストバリューに…米自動車メディア『ケリー・ブルー・ブック』

ホンダ・アコード・ハイブリッド(北米仕様)
ホンダ・アコード・ハイブリッド(北米仕様)全 3 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)の米国部門は4月17日、『ケリー・ブルー・ブック』の「2020年ブランドイメージアワード」において、ホンダが「ベストバリューブランド」に選出された、と発表した。

『ケリー・ブルー・ブック』は、米国の有力自動車総合サイトだ。とくに、米国の中古車相場情報の提供に関しては、豊富なノウハウを持つ。その『ケリー・ブルー・ブック』が毎年発表しているのが、「ブランドイメージアワード」だ。

ブランドイメージアワードは、ユーザーが持つブランドへの好感度や、ブランドイメージ向上への自動車メーカーの取り組みを評価するものだ。ケリー・ブルー・ブックの「ブランドウォッチ調査」によって得られた自動車ユーザーデータに基づいて選出する。

ブランドウォッチ調査は、公式サイトで毎年1万2000人以上の新車購入者が利用するオンラインのブランド&モデルの追跡調査だ。ユーザーが新車購入を決める際の重要な要素は何かを探り、そのブランドやモデルに対する親しみやすさやロイヤルティを判定する。

ホンダは、この2020年ブランドイメージアワードにおいて、ベストバリューブランドに選出された。『ケリー・ブルー・ブック』によると、『アコード』や『シビック』、『CR-V』 など、ホンダ車は品質や信頼性、手頃な価格、リセールバリューなどが顧客に評価されており、米国の非プレミアムブランドの中では論理的な選択肢になっているという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「The Power of Teen」のプロモーションイメージとロゴマーク
  • ホンダ CR-V の中国仕様(参考)
  • ホンダフリートマネジメント
  • 静かさに定評のあるアコードの内装。6代目と現行比で遮音性は約2分の1になっているという。
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ