米トヨタ、50万個のフェイスシールドを6月までに生産し寄付…新型コロナウイルス対策

米トヨタが生産しているフェイスシールド用ヘッドバンド
米トヨタが生産しているフェイスシールド用ヘッドバンド全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門のトヨタモーターノースアメリカは、新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者向けに、50万個のフェイスシールドを6月までに生産し、寄付すると発表した。

トヨタは3月下旬、フェイスシールドの出荷を開始した。現在、アラバマ州、ケンタッキー州、ミシガン州、テキサス州の各工場において、1日あたり約1万3000個のフェイスシールドを生産している。

トヨタが生産したフェイスシールドは、医療施設をはじめ、州の保健当局、州の配給センターに出荷。18州の約73団体に、トヨタ製のフェイスシールドが届けられている。

フェイスシールドの開発には、3Dプリンターが活用された。3Dプリンターを使用して、フェイスシールド用のヘッドバンドを製作している。さらに、レーザーカッターによって、大型のプラスチック製シートを切り出し、ヘッドバンドに簡単に取り付けられるシールドを生産。1日あたり200のシールドキットを生産し、出荷している。

また、米トヨタのチームは、従来よりも高速でヘッドバンドを生産できる射出プラスチック金型を開発した。トヨタによると、通常の状況下では、金型の開発に8~10週間を要するが、今回は5日以内に完成させたという。

《森脇稔》

ピックアップ