マンション入居者専用のEVカーシェア、九電が展開 2020年12月より

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3全 2 枚写真をすべて見る

九州電力は、電気自動車(EV)を活用したマンション入居者専用カーシェアリングサービス「weev(ウィーブ)」を2020年12月から九州および首都圏で開始すると発表した。

近年、シェアリングエコノミーの普及に伴い、車も「保有」せずに「共用」する動きが見られる。特にマンションでは、戸建て住宅と比べ、駐車場代の負担に伴う車の保有コストが高いなど、カーシェアリングの利用ニーズはより強い。

九州電力は、主に分譲マンション(新築・既築)を対象にweevを展開。テスラ『モデル3』や日産『リーフ』を用意し、マンションの入居者のみが利用できるカーシェアリングサービスを開始する。時間料金は200円/15分、距離料金5円/kmで、登録料・月額料金は無料。スマートバリューが提供するシェアリングサービス向けプラットフォーム「Kuruma Base」を採用し、入居者は専用アプリをダウンロードすれば、会員登録完了後、いつでも予約・利用が可能となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーシェアリングの例:タイムズカーシェア
  • ローカル バンライフ プロジェクト in Hakusan
  • ジャガー XFスポーツブレイク
  • トヨタ・ハリアー新型
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ