高速道路各社、GW中は休日割引の適用を除外…都道府県をまたぐ移動を減らす

新東名
新東名全 3 枚写真をすべて見る

高速道路各社は4月22日、新型コロナウイルスの感染を防止するため、2020年のゴールデンウィーク期間中、休日割引を適用しないなどの取り組みを発表した。

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本と本州四国連絡高速道路、宮城県道路公社は、国土交通省が感染拡大防止を図るため、都道府県をまたぐ移動の自粛に向けた取り組みを要請したのを受けて、ゴールデンウィーク期間中の休日割引の対象日となる土日祝日(2020年4月29日および5月2~6日)に通行した場合でも、休日割引を適用しないことにした。

また、サービスエリア・パーキングエリアでレストランや土産品コーナーを営業しているテナントに対して、ゴールデンウィーク期間中の2020年4月29日~5月6日の営業自粛を要請した。ガソリンスタンドやシャワー設備などは通常通り営業を継続する。

さらに、高速道路会社は、テレビや、各社の公式ウェブサイト、SNS、ハイウェイラジオ放送などで「不要不急の都道府県をまたぐ移動の自粛」を呼びかけていく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV