パナソニック、電動アシスト自転車でリコール バッテリーが発火するおそれ

リコール対象となる電動アシスト自転車用バッテリーパック品番とロット記号の確認方法
リコール対象となる電動アシスト自転車用バッテリーパック品番とロット記号の確認方法全 1 枚写真をすべて見る

パナソニックサイクルテックは4月21日、電動アシスト自転車用と交換用のバッテリーパックから発火する可能性があることが判明したため、リコール(無償交換)を実施すると発表した。

今回のリコールは2015年7月27日、2016年9月26日に発表したリコール社告の範囲を拡大するもので、2012年10月から2014年12月の間に製造した電動アシスト自転車用と交換用のバッテリーパック。対象個数は34万6291個。内訳は自転車に搭載したものが約31万6000個、交換用が約3万個で、すべて国内市場向け。

同社によると、過去に実施したリコールの対象外のバッテリーパックの焼損事故が発生したことから原因を調査した。この結果、インナーバッグ(防滴用袋)内部に滞留した水分が電池セルのカシメ部から浸入し、電解液と反応することで生成された強酸性物質が安全弁を腐食して開裂し、水分と電解液、電極材が反応し、電極板の膨化による面圧上昇と微細な金属物質による内部短絡で発火したと判断した。

2015年11月から2020年4月までに37件のバッテリーパックの事故が発生し、このうち16件は周辺の焼損を伴う事故だった。人的被害は報告されていないとしている。

過去2回のリコールで、すでに交換済みのバッテリーパックはそのまま使用できるとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニックの梅田博和CFO
  • 新型ジェッター
  • パナソニック“ゴリラ”の進化が止まらない!さらに機能が充実した驚きのPND登場
  • トヨタ・ハリアー新型
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ