ヤマハ ボルト、2020年モデル発売へ Rスペックには高級感漂うブルーを採用

ヤマハ ボルトABS
ヤマハ ボルトABS全 9 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、大型クルーザーモデル『ボルトABS』および『ボルトRスペックABS』をマイナーチェンジし、2020年モデルとして6月18日に発売する。

ボルトは、「Ultimate Purely Bobber」をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつ「ボバースタイル」を再現したクルーザーモデルだ。ボルトRスペック ABSは、スタンダードモデルをベースに、ゴールドのリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールなどを装備。そのスタイルと941cc空冷Vツインエンジンによるスポーティな走りで多くのライダーに支持されている。

2020年モデルは、ポジションランプを追加したヘッドランプを新たに採用した。さらにボルトRスペックABSは、質実剛健をテーマにした「ブルー」にカラーリングを変更。落ち着きのある上質な雰囲気に仕上げた。なお、ボルトABSは「ブラック」を継続して販売する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ