『成田エクスプレス』は5月1日から日中が運休、小田急ロマンスカーは5月2-6日に全面運休 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大により、海外渡航が大幅に減少していることなどを受けて、5月1日から1日あたりの運行本数を7割程度削減される『成田エクスプレス』。日中はぼぼ姿を見なくなる。
新型コロナウイルスの感染拡大により、海外渡航が大幅に減少していることなどを受けて、5月1日から1日あたりの運行本数を7割程度削減される『成田エクスプレス』。日中はぼぼ姿を見なくなる。全 2 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルスの感染拡大に伴ない、JRや私鉄の有料特急や有料サービスの休止発表が相次いでいる。

JR東日本では、朝と夕方の一部列車を除いて、5月1~29日、成田空港アクセス特急『成田エクスプレス』を運休する。

これにより1日あたりの運行本数は、大船・横浜方面~成田空港間が18本減の16本、池袋・新宿方面~成田空港間が39本減の13本、東京~成田空港間が37本減の17本となり、全体では7割程度が運休することになる。

なお、指定席については、運行を継続する列車を除いて6月1~30日運行分が発売見合せとなるほか、渋谷駅で線路切換工事が行なわれる5月30・31日の運行分はすべて発売見合せとなる。

5月2~6日に全列車が運休する小田急ロマンスカー。写真は70000形GSE。5月2~6日に全列車が運休する小田急ロマンスカー。写真は70000形GSE。

一方、小田急電鉄(小田急)では、ゴールデンウィーク中の5月2~6日に特急ロマンスカーを全面運休する。特急以外の列車については通常運転となる。

東急電鉄(東急)では、大井町線の有料座席指定サービス「Qシート」を、4月27日から当面の間すべて休止する。ただし、3号車に「Qシート」車が組み込まれている6000系、6020系7両編成は通常どおり、大井町発長津田行きの急行として運用され、大井町線自体も通常どおりの運行となる。

名古屋鉄道(名鉄)では、5月2日から当面の間、土休日に運行している中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』を1日あたり11本運休する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  3. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  4. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  5. 自然と共に過ごす英国文化が生きるジャガー『F-PACE』。プロサーファー視点から見えた魅力とは?PR
  6. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  7. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  8. まさか自分の目に爆弾が!? 運転に大切な「視野」を保つために【岩貞るみこの人道車医】
  9. 「生活に車は不要」都内在住の若者6割が回答…定額カルモくん調べ
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る