ジェンセン・インターセプター、家が買えるほどの値段のクルマが MotorTrend

ジェンセン・インターセプター(二) | 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シーズン7 MOTOR TREND
ジェンセン・インターセプター(二) | 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シーズン7 MOTOR TREND全 1 枚写真をすべて見る

名車再生! クラシックカー・ディーラーズ
名車の購入から修復、販売までの一連の流れを追う大人気シリーズ

ジェンセン『インターセプター』が5000ポンド(約66万円)で買える、というのも驚きだが、それを新車のごとく蘇らせるエドの手腕には毎回舌を巻く。シリーズを見ているうちに、すっかりエドのファンになってしまった。

今回、編集者として取材魂がうずいたのは、パーツ探しの中で訪れたとある工場のシーンだ。1976年に倒産したジェンセンの権利・工場を買い取り、今もジェンセンのパーツが作り続けられてるという。いかにも町工場然としたそこでマイクが手に入れたモノには、思わず画面の前で唸ってしまった。どれほどのお宝がこの工場に眠っているかと想像するに、ワクワクが止まらない。

無事再生したインターセプターを再び売りに出すのが本筋なわけだが、「そんな値段で大丈夫!?」と心配になってしまった。買い手がつくかどうか、ではなくて「ちゃんとエドの報酬も加味してあげて!」と……余計な心配だろうが。
【レスポンス編集長 宮崎壮人】

Dplayのプレミアムプランで観る

今もジェンセンのパーツが作り続けられているという工場とは?

若者へもっと車のおもしろさを伝えたい! そんな想いから、まずは若きメカニックが興味をそそるであろうマシンをピックアップ!

マイクが今回探しているのはみんなに愛されているクラシックカー、ジェンセン・インターセプター。デザインはイタリア、エンジンはアメリカ、名前はイギリスという、非常にワールドワイドな車だ。人気の車だけあって、家が買えるほどの値段が付いている。しかし予算は5000ポンド。エドが苦戦するようなボロボロの車しか買えないかもしれない。

Dplayのプレミアムプランで観る

TOP

《釜田康佑》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 1952年式シボレークーペでナスカー用レースカーを作る!前編
  • 【MotorTrend】お盆休みはトップギアで決まり!今なら100名様に1万円キャッシュバック!
  • 【MotorTrend】1955年式キャデラック ドゥビル クーペ 素晴らしきアメリカンクラシックなこのクルマでNASCAR参戦!?
  • 【MotorTrend】1972年式フォード・エコノライン もはや日本では湘南しか似合わない!これはかなりオシャレなバンだ!
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ