新型コロナ医療従事者にドッグカメラを無償提供…Tomofun[リアニマル]

自動車 ビジネス 企業動向
Tomofun、医療従事者を対象にドッグカメラ「Furbo」を無償提供
Tomofun、医療従事者を対象にドッグカメラ「Furbo」を無償提供 全 2 枚 拡大写真
ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」を展開するTomofunは、医療従事者に対して同商品を無償提供すると発表した。なお、受付は4月21日から開始している。

同商品は、iOS/Androidのスマートフォンやタブレットの専用アプリを通じて、外出先から留守番をしている愛犬を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊ぶことができるようになっている。そのため、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、愛犬と過ごす時間を削り、国民の命を最前線で守る医療従事者に対して、少しでも恩返しがしたいと同商品の無償提供を決定したという。

なお、希望者は4月21日から4月30日までの間にFurbo公式Instagram(@furbo_japan)の専用フォームより申し込みが必要。提供数には限りがあるとのことだが、数百台を予定しているという。

Tomofun、医療従事者にドッグカメラ「Furbo」を無償提供

《鈴木まゆこ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アクアマリンふくしま、ユーラシアカワウソの子供の名前決定
  • 鴨川シーワールド、保護した卵から孵化したアカウミガメの子ガメを放流
  • オンライン ナイト サファリ
  • マツダ CX-30(SKYACTIV-D/L Package/ポリメタルグレーメタリック)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ