BMW 4シリーズ 新型、「Mパフォーマンス」仕様プロトタイプを初スクープ!

BMW 4シリーズクーペ Mパフォーマンス スクープ写真
BMW 4シリーズクーペ Mパフォーマンス スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

これまで幾度となく目撃されてきたBMWの2ドアスポーツ、新型『4シリーズクーペ』。今回は「Mパフォーマンス」仕様の市販型プロトタイプをスクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ドイツ市街地でキャッチしたプロトタイプは、ホイールやブルーブレーキキャリパー、リアデュフューザーなどは以前スクープした「M440i」と同一だが、フロントエンドにリップスポイラー、バンパーにカナードを装着するほか、厚いサイドスカートなどが追加されている。また最終的な市販型では、カーボンファイバーのテールパイプやミラーキャップなども装着されるかもしれない。

キャビン内では、Mパフォーマンスステアリングホイール、スポーツシート、専用のフロアマット、及びいくつかのカーボンファイバーコンポーネントが含まれる可能性が高いだろう。

4シリーズクーペのパワートレインは、エントリーモデルに1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、上位モデルには最高出力258p、最大トルク400Nmを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンほか、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンをラインアップ。

最新情報では、『330e』から流用されるプラグインハイブリッドモデルも噂されている。このPHEVが設定されれば、12kWhリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV航続が22マイル(35km)、xDrive搭載バージョンでは、20マイル(32km)と予想される。

また高性能モデル「M440i xDrive」には最高出力382ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載するほか、頂点に君臨する『M4クーペ』は『M3セダン』と共有する同社の3.0リットル直列6気筒「M TwinPower Turbo」エンジンを搭載予定で、最高出力は480ps、最大トルクは599Nmが予想されている。それでも物足りない顧客には、最高出力510-psを発揮する「Competition」が用意されそうだ。

4シリーズ新型のデビューは6月と予想されるが、新型コロナウィルスの影響で、オンラインワールドプレミアの可能性が高いだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV