トヨタと一汽集団、合弁会社の管理体制再編「オール中国トヨタ」で競争力強化

トヨタと一汽集団が合弁会社の管理体制を再編
トヨタと一汽集団が合弁会社の管理体制を再編全 1 枚写真をすべて見る

中国・一汽集団とトヨタ自動車は4月27日、中国における持続的成長に向けて管理体制の再編を実施すると発表した。

これにより、天津一汽トヨタ自動車(TFTM)は一汽トヨタ系統括事業体となり、それ以外の車両およびエンジン製造事業体は100%子会社としてTFTM傘下に入る。具体的には、四川一汽トヨタ自動車と長春豊越、天津一汽トヨタエンジンと一汽トヨタ(長春)エンジンが対象となる。

今回の再編は、中国の変化の速い市場に呼応するために実施するもの。TFTMのもと製造事業体の管理を一元化することで、全体最適な管理体制が可能となり、リソーセスやオペレーションの効率化による競争力向上につながるとしている。また、レポートラインを明確化し、各事業体へのガバナンスの強化や迅速な意思決定を目指す。

なお、一汽トヨタ系の研究開発会社である一汽トヨタ技術開発についても今回の再編のタイミングでTFTMの100%子会社としてTFTM傘下となる。一汽とトヨタの販売会社である一汽トヨタ自動車販売については、資本の変更はないが、実務上、TFTMへのレポートラインを実現することで管理統合し、開発から生産、販売までの一気通貫の体制を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV