アイシン精機、医療現場向けの簡易ベッド台・簡易間仕切り壁を生産 5月中旬から

簡易ベッド台
簡易ベッド台全 2 枚写真をすべて見る

アイシン精機は、トヨタ自動車およびトヨタグループ各社と新型コロナウイルス感染症(COVID19)の診断や治療にあたる医療現場を支援する取り組み「ココロハコブプロジェクト」の一つとして、5月中旬から簡易ベッド台、簡易間仕切り壁の生産を開始する。

これら支援品の生産にあたっては、自動車部品の開発・生産で培ってきた技術やノウハウを活用するほか、アイシン独自のミシン、ベッドをはじめとする家庭用品開発の経験も活かしながら設計した。

簡易ベッド台はキャスター付きで折り畳んで簡単に運搬できる。簡易間仕切り壁も分解して運搬でき、いずれも容易に設置可能。5月から簡易ベッド台2台/1日、簡易間仕切り壁16組/1日を目途として生産を行い、医療現場の要望に応じて提供していく。

また、新型コロナウイルス感染症の影響によるマスク不足解消に少しでも貢献するために、6月上旬から自社グループ施設内で従業員向けのマスクの生産を開始し、マスクの自給自足を推進していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV