トヨタ、重症患者向け移送用車両を医療機関に初提供 新型コロナウイルス

重症患者向け移送用車両
重症患者向け移送用車両全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は4月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の重症患者の移送用車両1台を昭和大学病院(東京都品川区)に提供した。重症患者向けの移送用車両としての提供は今回が初となる。

トヨタでは医療現場に少しでも役に立てる車両を提供できないか、現場のニーズを聞きながら様々な検討を進めており、これまでに軽症患者向けの移送用車両11台を、医療機関や地方自治体などに提供してきた。

今回は、医療機関からの様々な要望を基に、トヨタ車体が『ハイエース』をベースに開発・架装。運転席・助手席のある車両前方スペースと、後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置し、排気ファンで後方の空気を常に外部に排出することで、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」を、初めて重症患者向けの移送用車両として提供した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ