いすゞ、大型トラック『ギガ トラクタ』を改良…安全装備や居住性を向上

いすゞ、大型トラック「ギガ トラクタ」
いすゞ、大型トラック「ギガ トラクタ」全 6 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車は、大型トラック『ギガ トラクタ』を改良し、4月28日より販売を開始した。

今回の改良では、連結車特有の車両挙動に対応した、トラクタ向けに最適なチューニングを行った安全装備の設定や、厳しいドライバーの労働環境改善を目指した快適な運転環境を提供することで、交通事故の抑制やドライバーの疲労低減に貢献することを主眼に開発を行った。

ブラインドスポットモニター(BSM)は、車両の四方に設置したセンサーが自動車や人を検知し、衝突の恐れが高まるとドライバーに注意喚起。連結されたトレーラの側方まで検知可能で、巻き込みや車線変更による事故抑制に貢献する。

従来から標準装備しているプリクラッシュブレーキは検知性能を向上。先行車に加えて横断中の歩行者や自転車まで検知対象を拡大した。全車速ミリ波車間クルーズは、車両総重量が大きいトラクタにおいても、停止・発進を含めた全車速域での制御が可能となり、渋滞時の疲労軽減や安全運行に貢献する。

さらに車両の後軸重をマルチインフォメーションディスプレイ内に表示する軸重モニターを一部車型に標準設定。設定した軸重を超過時には警報を発しドライバーに注意喚起する。このほか、ドライバーステータスモニター、可変配光型LEDヘッドランプ、タイヤ空気圧モニタリングシステム(オプション)を設定した。

また、居住性の向上、空力と空間を両立させた全高3.8m級の新ハイルーフをトラクタに標準装備。ハイルーフ内の前面には専用の大容量大型ヘッダーコンソールを配備し、クラストップの室内高と収納容量を実現した。運転席にはイスリングハウゼン社の高機能シートを標準装備。ショルダー調整機能やサイドサポート機能等、ドライバー個々の体形に合わせた細かい調整が可能となり、長距離・長時間運行での快適な乗り心地を実現する。

さらに、車両のみならず、車両運行支援のソフト対応として、車両遠隔モニタリング機能の拡充を実現、安全運転支援や車両稼働状態の管理などをさらに充実させた。

価格は車型2PG-EXD52CD、ハイルーフキャブ・エアサスペンション、6WG1-TCN 309kW(420PS)エンジン、12速AMTが2098万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV