非公開の剥製コレクションをVRとして配信…国立科学博物館[リアニマル]

自動車 ビジネス 国内マーケット
国立科学博物館、剥製コレクションをVR博物館として公開
国立科学博物館、剥製コレクションをVR博物館として公開 全 5 枚 拡大写真
国立科学博物館(東京都台東区)は、標本収蔵庫に収蔵されている貴重な剥製コレクションを自宅でも楽しめるようにと、VR博物館として公開を開始した。

同館の地球館3階展示室「大地を駆ける生命」には、多くの哺乳類の剥製が展示されている。その剥製の大半は、ハワイの実業家、故ワトソンT.ヨシモト氏が寄贈した約400点の「ヨシモトコレクション」の一部だ。展示されていない剥製は、国立科学博物館筑波地区標本収蔵庫に収蔵されていて非公開となっているが、今回、それらの剥製をVR博物館として公開した。

VR博物館の外観は、ヨシモト氏が1992年に私費を投じて開館した私設博物館「WILDLIFE MUSEUM」をイメージして再現されている。建物内部には、広大なバーチャル空間にたくさんの剥製が立ち並び、実際の博物館の展示室では不可能なほど目の前まで近づき、好きな角度から動物たちを観察することができる。今回公開される剥製は24体で、今後順次新しい剥製が追加される予定とのこと。

非公開の剥製コレクションをVR博物館として公開…国立科学博物館

《鈴木まゆこ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JAF長野、小諸市動物園にてJAFデーを開催
  • 岩手サファリパーク、マーラの赤ちゃん誕生&公開開始
  • アクアマリンふくしま、バショウカジキの展示を開始
  • ハル×ボルボ XC40
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV