【ベストオブ三菱車】社員が選んだ1位はランエボ、読者は?…投票受け付け中

ランエボ。手前の2台がX。
ランエボ。手前の2台がX。全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車が社員にアンケートをとって、歴代三菱自動車の中で好きな車種を選ぶ「三菱自動車総選挙」を実施した。2月下旬からSNSで、10位から順に発表しており、4月24日に第1位が『ランサーエボリューション』と発表された。レスポンス読者はどの三菱車を選ぶだろうか。

ランキングで一番古い1979年の『ギャランGTO』は、最年長=定年60歳の社員が10歳の時に発売された車種だ。つまりこれ以前の車は、現役社員にとっては“歴史”になってしまうわけだ。いっぽう一番新しいのが2013年の『アウトランダーPHEV』で、昨年度四大新卒が17歳だったときのモデルになる。年齢別の投票数はわからないが、社内各世代から選ばれたランキングになったようだ。90年代の車が半数を占めており、現役社員にとって三菱自動車の黄金期はそのあたりか。

★レスポンス読者が選ぶ「ベストオブ三菱自動車」
【ベストオブ三菱車 Rd. 2】決選投票開始---18種から選んでください
> 投票する

社員が選ぶ『三菱自動車総選挙』
第10位:FTO……1994年10月に発売されたスポーツクーペ
第9位:ギャランGTO……1970年に発売されたスペシャリティ
第8位:レグナム……1996年に発売されたプレステージスポーツワゴン
第7位:スタリオン……1982年5月発売の三菱自動車のスポーティーカー第4弾
第6位:ディアマンテ……1990年5月に登場した4ドアハードトップ
第5位:ギャラン……1987年に発売された“インディビデュアル4ドア”
第4位:GTO……1990年発売のスーパー4WDスポーツカー
第3位:アウトランダーPHEV……2013年に発売された、三菱自動車のEV・4WD・SUV技術の集大成
第2位:パジェロ……1982年に誕生した本格4WD車
第1位:ランサーエボリューション……『ランサー』の名を受け継ぐ高性能4WDセダン、1992年に発売ランエボ(I)ランエボ(I)

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV