GMの純利益は86%減、新型コロナが影響 2020年第1四半期決算

GMの米国本社
GMの米国本社全 3 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は5月6日、2020年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は327億0900万ドル(約3兆4745億円)。前年同期の348億7800万ドルに対して、6.2%のマイナスとなった。

また、第1四半期の純利益は、2億9400万ドル(約312億円)。前年同期の21億5700万ドルに対して、86.4%減と大幅な減益となった。

大幅な減益となった要因は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大による部分が大きい。1月に主力の中国市場での生産停止を延長し、3月には北米と南米の工場を閉鎖した。

GM取締役会のメアリー・バーラ会長兼CEOは、「GMの強みは人材であり、変革を続けながら、現在の課題にワンチームとして立ち向かう。長期的な実行可能性を確保し、すべての利害関係者に価値を生み出すために、迅速で戦略的な決定を下していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GMと協力関係にあるEVgoの急速充電ステーション
  • シボレー・シルバラード
  • GMの米国本社
  • アルプスアルパイン
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ