英国三菱、アウトランダー PHEV などをロンドン警察に追加納入…新型コロナ危機での活動を支援

5月1日、ロンドン市内
5月1日、ロンドン市内全 3 枚写真をすべて見る

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の英国部門は5月4日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)危機におけるロンドン警察の活動を支援するために、追加の車両を納入した、と発表した。

すでに、三菱自動車は英国ロンドン警察に、新型コロナウイルスの感染拡大に関連して、複数の車両を納入してきた。市内パトロールや新型コロナウイルス関連業務は増えており、今回、ロンドン警察からの要請を受けて、追加の車両を提供することを決めた。

ロンドン警察に追加で納入されたのは10台だ。『アウトランダーPHEV』と『ASX』(日本名:『RVR』に相当)が納入され、ロンドン警察が日常的に使用している。

三菱自動車の英国部門のゼネラルマネージャー、クライヴ・メッセンジャー氏は、「緊急サービス、医療や介護スタッフなどの新型コロナウイルスとの戦いに比べると、小さな貢献だが、できることを喜んで行う」と述べた。

なお、三菱自動車の英国部門は、「#ParkItBritain」ハッシュタグを使用して、自宅に留まり外出を避けるよう呼びかけている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 アウトランダー PHEV(米国仕様)
  • 三菱エクリプスクロス(北米仕様)
  • 三菱 アウトランダー の2020年モデル(米国仕様)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ