『成田エクスプレス』は衝撃の1%…ほとんどが昨年の1割以下に落ち込んだJR各社のGW利用実績

5月1日から日中の列車を運休し、1日あたりの運行本数を7割程度削減している『成田エクスプレス』。2019年は22万人だったGW期間中の利用者は、わずか0.3万人に留まる惨状に。JR東日本では次いで『踊り子』などの伊豆特急が2%に留まった。
5月1日から日中の列車を運休し、1日あたりの運行本数を7割程度削減している『成田エクスプレス』。2019年は22万人だったGW期間中の利用者は、わずか0.3万人に留まる惨状に。JR東日本では次いで『踊り子』などの伊豆特急が2%に留まった。全 3 枚写真をすべて見る

JR旅客6社は5月7日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の利用状況を明らかにした。

各社の発表によると、4月24日から5月6日まで新型コロナウイルスの感染拡大を受けた減便を実施した影響で、対前年比で歴史的とも言える利用者減を記録した。

優等列車の利用者数(上下合計の対前年比)を見ると、JR北海道が7%(北海道新幹線と室蘭本線東室蘭~苫小牧、函館本線札幌~岩見沢、石勝線南千歳~トマムの合計)、JR東日本が5%(主要16線区合計)、JR東海が6%、JR西日本が3~5%(北陸新幹線3%、山陽新幹線と在来線5%)、JR四国が10%(瀬戸大橋線と予讃・土讃・高徳線の合計)、JR九州が5.9%(九州新幹線博多~熊本、長崎本線鳥栖~肥前山口、日豊本線小倉~行橋の合計)となっており、JR四国を除いて軒並み前年の1割にも満たない事態となった。

このうち、5月1日から7割の列車が運休しているJR東日本の『成田エクスプレス』は、1%という衝撃的な数字を記録しており、期間中の利用者は0.3万人に留まった。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ