【MotoGP】チームスズキエクスター、アレックス・リン/ジョアン・ミルと2022年シーズンまで契約延長

ジョアン・ミル選手(左)とアレックス・リンス選手、
ジョアン・ミル選手(左)とアレックス・リンス選手、全 1 枚写真をすべて見る

スズキは5月8日、チームスズキエクスターのアレックス・リンス選手、ジョアン・ミル選手と、スズキのMotoGPライダーとして2021/2022年シーズンまで契約を延長したことを発表した。

アレックス・リンス選手は、2017年にチームスズキエクスターに加入し、MotoGPクラスにデビュー。1年目はシーズン序盤に大きな怪我を負ったが、その後は回復し、後半には安定したレース展開を見せた。2018年にはアルゼンチンGPでは3位に入り、初のMotoGP表彰台を獲得。2019年シーズンは、安定して上位5位以内でレースを完走し、アメリカズGPとイギリスGPの2つのレースで好結果を残した。2020年のプレシーズンテストでは、性能アップしたスズキGSX-RRを操り、大きな可能性と期待を抱かせていた。

ジョアン・ミル選手は2017年にMoto3でチャンピオンを獲得、2019年にチームスズキエクスターからMotoGPにデビューした。スペイン出身、22歳のミルは、デビュー間もなくランキングを駆け上がっていき、また上位でレースを完走することで、その能力の高さを証明。初戦のカタールGPで8位を獲得したほか、2019年のシーズンを通じ、途中、怪我で欠場したにもかかわらず、シーズン中10位圏内で10回完走。怪我からの完全復帰後はオーストラリアGPで5位を獲得した。2020年シーズン前のテストでも最新型GSX-RRを自在に操り、見事なペースで走行し、好調をアピールしている。

2020年の世界選手権は現在、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)危機に見舞われ、レースが開催できないという異常な事態となっている。今回の発表は、そんな状況の中、チームスズキエクスターが2人の若きライダーとともに前向きに確固としてチームの将来にしっかり向き合っていることを示すものだ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキZ H2
  • ゼロモーターサイクルズ SR/F
  • インディアン FTR1200ラリー
  • ヤマハ MT-25
  • KTM 250DUKE
  • ドゥカティ パニガーレV4S
  • ヤマハ SEROW 250 FINAL EDITION
  • スズキ  Vストローム1050XT

ピックアップ