ブリヂストン、売上高11.3%減…コロナ禍でタイヤ需要が減少 2020年1-3月期決算

ブリヂストン ロゴ
ブリヂストン ロゴ全 1 枚写真をすべて見る

ブリヂストンは2020年1~3月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響によりタイヤ需要が減少し、売上高は前年同期比11.3%減の7522億円となった。

第1四半期の乗用車・小型トラック用タイヤ販売は同15%減、トラック・バス用ラジアルタイヤは同13%減、ともに2桁の減少となった。

調整後営業利益は、石油系原材料価格は前年を下回ったものの、減収が響き同39.3減の498億円となった。営業利益は同48.8%減の427億円。四半期利益は同65.1%減の194億円だった。

なお2月17日に発表した通期業績見通しについては、新型コロナウイルス感染拡大の影響を含んでいなかったため、下方修正すると発表。ただし、現時点での合理的な算出は困難であることから、連結業績予想は算出可能となった時点で公表するとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV