大阪高速鉄道が社名を変更…愛称の「大阪モノレール」を使用 6月1日

「大阪モノレール」こと大阪高速鉄道。社名と愛称が同一となり、わかりやすくなる。
「大阪モノレール」こと大阪高速鉄道。社名と愛称が同一となり、わかりやすくなる。全 1 枚写真をすべて見る

「大阪モノレール」こと大阪高速鉄道は5月11日、社名を6月1日から「大阪モノレール株式会社」に変更すると発表した。

同社は1980年12月に設立され、およそ10年後の1990年6月に大阪モノレール線千里中央~南茨木間6.6kmを最初に開業。以来、5回にわたる延伸開業を経て、現在は本線である大阪モノレール線(大阪空港~門真市)21.2km、「彩都線」こと国際文化公園都市モノレール線(万博記念公園~彩都西)6.8kmの計28kmに及ぶ路線を持つに至った。

今年は最初の開業から30周年を迎えるにあたり、「お客さまに親しみをもってお呼びいただいている」ことから、愛称である「大阪モノレール」を社名に用いることになったとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。

ピックアップ