ルノー トゥインゴ、リアカメラを標準装備…サイドストライプのデザインも変更

リアカメラを標準装備
リアカメラを標準装備全 3 枚写真をすべて見る

ルノー・ジャポンは、新型『トゥインゴ EDC/EDCキャンバストップ』にリアカメラを標準装備し、5月12日から販売を開始した。

今回、新型ルノー トゥインゴ EDC/EDC キャンバストップに要望が強かったバックソナーとともに駐車等をサポートするリアカメラを、新たに標準で装備した。

併せて、新型トゥインゴ EDC/EDCキャンバストップとトゥインゴについて、ボディサイドのストライプデザインをポップなドット模様から、伸びやかな印象を与える3色の3本ラインに変更。なお新サイドストライプは、ボディカラーによって異なる2つの配色パターンを用意する。

価格はトゥインゴEDCが201万5000円、トゥインゴEDCキャンバストップが213万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • ルノー・トゥインゴ ・シエル
  • ルノー トゥインゴ ブリヤント
  • ルノー トゥインゴ シグネチャー
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ