国交省が異常時の旅客案内を支援…「多言語掲示物作成システム」を全国の鉄道事業者へ提供

このような駅での掲示も、国交省が提供する多言語掲示物作成システムで簡単に作成することができるようになる。
このような駅での掲示も、国交省が提供する多言語掲示物作成システムで簡単に作成することができるようになる。全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省鉄道局鉄道サービス政策室は5月15日、全国の鉄道事業者へ異常時における多言語の案内を強化するためのシステムを提供すると発表した。

これは、自然災害や人身事故などにより列車の遅延・運休が発生した際、外国人を含む旅客に対して、駅の掲示やウェブサイトなどで現在の状況を情報提供するために利用する「多言語掲示物作成システム」と呼ばれるもの。

外国人も対象にした多言語案内サービスは、一部の鉄道事業者で展開されているものの、小規模な事業者においては対応が進んでいないケースが多かった。そこで国交省では表計算ソフト「エクセル」のxlsm形式で作成したシステムを各鉄道事業者へ提供することにより、小規模鉄道事業者を含む全国の鉄道事業者に対して案内態勢の強化を図ることになった。

システムでは、最初に駅名や路線名、方面、事象を設定し、それを対応言語に自動変換すれば、案内に使用する掲示物を簡単に作成することができるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ