メルセデス Vクラス、ポップアップルーフ装備の車中泊仕様「マルコポーロ ホライゾン」発売

メルセデスベンツV220dマルコポーロ・ホライゾン
メルセデスベンツV220dマルコポーロ・ホライゾン全 8 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は、『Vクラス』に最大5名が車中泊できるキャンピング仕様「V220dマルコポーロ・ホライゾン」を追加し、5月21日より販売を開始した。

V220dマルコポーロ・ホライゾンは、Vクラスに、車内で快適に休むことができるポップアップルーフやフルフラット機能付ベンチシート、回転式シート(前席)などの専用装備に加えて、安全運転支援システムを標準装備したプレミアムアウトドアミニバンだ。

ルーフ上にポップアップルーフを専用装備することで、車内とは別にフルフラットな就寝スペースを確保。ポップアップルーフ内には2名まで使用可能なベッド、リーディングライトなどを備える。また、ポップアップルーフを展開すると車内高が高くなるため、簡易の更衣室としても利用できる。ルーフ右側には、ロールアップ機能を備えたサイドオーニングを装着。オートキャンプ等の際に展開することで日差しを避け快適に過ごすことができる。

インテリアも車中泊などに最適な様々な工夫が施されている。前席は最大230°回転でき、後席対面式のゆとりあるレイアウトが可能。2列目はシートヒーターに加え、身体と座面の間にこもった熱や湿気を内蔵ファンで除去するシートベンチレーターを備える。3列目はフルフラット機能を採用し、広々としたスペースを確保。就寝時は最大3名まで使用できる。さらに、アンダーシートボックスも備え、足元に十分な収納スペースを用意している。また、フロントと運転席、助手席を除くすべてのウィンドウにカーテンを装備。日差しが眩しい時や車中泊でのプライバシー確保に利用できる。

運転席下には、リレー式のサブバッテリーを搭載。エンジン停止時は自動でメインバッテリーと切り離されるため、バッテリー上がりを心配することなく安心して利用でき、エンジン始動と同時に充電を開始する。

安全面では、「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。レーダーで先行車を検知することで追突のリスクを低減する「アクティブブレーキアシスト」、最適な車間距離を自動で維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱をステアリングの微振動で警告する「レーンキーピングアシスト」などを備えている。

価格は938万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV