米日産のコネクトサービス、新型コロナ対応を強化…最寄りのウイルス検査施設をアプリで紹介

米日産の「日産コネクト・サービス」
米日産の「日産コネクト・サービス」全 5 枚写真をすべて見る

日産自動車(Nissan)の米国部門は5月20日、「日産コネクト・サービス」の「プレミアム・プラス」が無償で利用できる期間を3か月延長し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)関連のコンテンツを充実させると発表した。

日産コネクト・サービスのプレミアム・プラスでは、事故の際の自動通知、緊急時の自動通報、ロードサイドアシストへの接続など、さまざまなリモートサービスを用意している。専用のアプリで利用でき、無償トライアル期間は当初、6か月だった。

日産自動車の米国部門は、この日産コネクト・サービスのプレミアム・プラスが無償で利用できる期間を3か月延長し、新型コロナウイルス関連のコンテンツを充実させる。具体的には、24時間アクセス可能な「日産コンシェルジュ」において、新型コロナウイルスの検査ができる最寄りの施設の紹介、食料品店の営業時間の案内、自宅でできるトレーニングや子ども向けのアクティビティなどを紹介する。

これらのサービスは、スマートフォン、スマートウォッチ、音声アシストが付いた日産コネクト・サービス・アプリによって、アクセスできる。

今回の発表は、新型コロナウイルスの感染拡大の中、顧客を新しい方法で支援する日産の最新の取り組みのひとつだ。北米日産のコネクテッドサービス担当、ダン・ティーター氏は、「新型コロナウイルスの感染拡大による世界の不確実性と変化に対応して、顧客をサポートし、安心を届けていく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産グループ、医療用ガウンの生産を開始し、医療現場へ提供
  • マレリが生産・提供するフェイスシールド
  • 日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル
  • 日産自動車追浜工場
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ