ボルボカーズ、財務基盤を強化…新型コロナによる世界経済の不確実性に備える

ボルボカーズの主力車
ボルボカーズの主力車全 3 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ(Volvo Cars)は5月20日、新たに総額146億6600万スウェーデンクローナ(約1630億円)の融資枠を確保した、と発表した。

総額146億6600万スウェーデンクローナの融資枠は、2つで構成される。ひとつの融資枠は、106億6600万スウェーデンクローナ。期間は2年間で、1年の延長オプションがある。もうひとつの融資枠は、40億スウェーデンクローナ。期間は2年間で、1年の延長オプションが設けられている。

今回の発表は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大による世界経済の不確実性に備えるものだ。ボルボカーズはすでに、2020年通期(1~12月)の業績見通しを撤回した。ボルボカーズによると、新車市場の弱体化と生産の混乱により、売上高、利益、キャッシュフローが前年よりも低くなると予想されるという。そんな中、ボルボカーズは将来に向けて、新しいテクノロジーと製品に投資し続けている。

総額146億6600万スウェーデンクローナの融資枠は、ボルボカーズが確保している13億ユーロ(約1530億円)の未実行の融資枠に、追加する形となる。この融資枠は、2017年に契約されており、期限は2022年となる。

ボルボカーズは、2つの新しい融資枠により、財務基盤をさらに強化する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ コンチェルトの兄弟車も…あの頃の輸入ステーションワゴン・その2【懐かしのカーカタログ】
  • ボルボカーズのケア・キー
  • ボルボ:ドッグゲート
  • こんなにも充実していた…あの頃の輸入ステーションワゴン
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 6シリーズ グランツーリスモ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • MINI クロスオーバー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ