定期新幹線、5月末以降の減便を回避…北海道、九州新幹線を除きほぼ通常運行に 新型コロナ

5月28日以降も減便が継続される北海道新幹線。
5月28日以降も減便が継続される北海道新幹線。全 2 枚写真をすべて見る

JR東日本、JR東海、JR西日本は5月22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴なう緊急事態宣言の一部解除などを受けて、5月末以降に計画していた減便を中止、または解除することを明らかにした。

JR東日本では、5月28日以降に運行する各新幹線の定期列車や、中央線、常磐線定期在来特急の減便を計画していたが、これを中止する。ただし、東北新幹線の北海道新幹線直通『はやぶさ』については、北海道で緊急事態宣言が解除されていないこともあり、上下各3本(7・14・19・29・32・44号)の新青森~新函館北斗間が運休となる。

なお、指定席については、当面の間、2週間ごとの発売とし、5月28日~6月10日乗車分は5月23日から、6月11~24日乗車分は6月4日から、6月25日~7月8日乗車分は6月18日からとなり、それぞれ5時30分から発売するが、停車駅間の距離が比較的長い東北新幹線『はやぶさ』『はやて』、秋田新幹線『こまち』、北陸新幹線『かがやき』については、混雑を緩和して密を避けるため、グリーン車は定員の5割程度、普通車指定席は定員の6割程度を上限として発売される。

また、JR東海とJR西日本では、東海道・山陽新幹線の定期『のぞみ』の減便を6月1日に解除する。

JR西日本が運行する北陸新幹線では、JR東日本の減便中止を受けて、『かがやき』が5月28日以降も通常運転となるほか、金沢~富山間の『つるぎ』については6月1日から減便本数が縮小される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV