ソフトバンク、地図開発プラットフォームを本格展開へ…マップボックスと日本に合弁会社[訂正]

ソフトバンクがマップドックスと日本に合弁会社を新設
ソフトバンクがマップドックスと日本に合弁会社を新設全 1 枚写真をすべて見る

ソフトバンクは5月20日、米国のマップボックスと地図情報サービスの開発プラットフォームを日本国内で本格展開する合弁会社「マップボックスジャパン」を設立したと発表した。

マップボックスは、地図情報サービスの開発プラットフォームを提供しており、2019年7月に日本市場へ参入した。今回、日本で本格的な事業展開を目指して合弁会社を設立した。今後、国内でのサポート体制を強化するとともに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響範囲のモニタリングなどで、マップボックスのサービスを活用する企業を特別に支援していく。

マップボックスが提供する地図情報サービスの開発プラットフォームは、高品質な地図情報サービスを簡単に開発可能で、高度なデザイン性とカスタマイズ性を持ち、各種データとレイヤーを柔軟に組み合わせて、顧客独自の地図情報サービスを簡単に開発できるのが特長。また、各種データを常に最新の状態に保ち、データのさまざまな動きをリアルタイムに可視化できる。

<おわび> マップボックスの会社名を誤って表記しておりました。申し訳ございません。訂正して再出力いたしました。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 事業のイメージ
  • 東京タクシーグループ:車内には間仕切りのビニールカーテンを設置
  • ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
  • 5Gを活用そいた車両の遠隔運転実証実験の様子
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ノビテック マクラーレン セナ チューニングカー
  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ