大阪モノレールが女性駅係員の制服をリニューアル…機能性を重視、明るいイメージ 6月1日

夏制服パンツスタイル
夏制服パンツスタイル全 5 枚写真をすべて見る

大阪高速鉄道(大阪モノレール)は5月21日、女性駅係員用の制服をリニューアルすると発表した。

1990年6月に大阪モノレール線千里中央~南茨木間6.6kmが最初に開業してから今年で30周年を迎えることを機に、社名を「大阪モノレール」に変更する6月1日に実施される。なお、男性用の制服については、2018年度にリニューアルされている。

新しい制服は、着心地のよさや耐久性、扱いやすさなど、機能面を重視したもので、襟がないノーカラージャケットやオーバーブラウスを採用。色は清潔感や信頼感を表すネイビーをベースに、大阪高速鉄道のコーポレートカラーであるウルトラマリンブルーをあしらった、より明るいものとされる。

大阪高速鉄道ではこの制服を通して「お客さまを明るくお迎えするおもてなしを表現し、ワンランク上のサービスの提供に努めてまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ