JR東日本、MaaSにSuicaのデータを融合…ワンストップ移動サービスを提供へ

東京駅
東京駅全 2 枚写真をすべて見る

東日本旅客鉄道(JR東日本)は5月20日、「MaaS・Suica推進本部」を新設するなどの組織改正を実施すると発表した。

SuicaやMaaSのデータのほか、グループ内のさまざまなデータを活用し、輸送、生活、IT・Suicaの3つのサービスを結びつけ、新サービス導入を拡大・加速させるとともに、個別ニーズにきめ細かく対応し、多様なサービスをワンストップで提供する。

技術イノベーション推進本部のMaaS事業推進部門と、SuicaやJRE POINT関連業務などを所管しているIT・Suica事業本部を統合して新たに「MaaS・Suica推進本部」を本社内に設置する。「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」と「決済プラットフォーム」の2つのプラットフォームの拡充・連携を加速し、利便性向上を図る。また、移動情報・購入情報・決済情報などのビッグデータを活用したデータマーケティングも推進し、顧客の個々のニーズに応じたサービスの提供と、新たなサービスの創出を目指す。

技術イノベーション推進本部では、運行やメンテナンス、サービスなど、さまざまな場面で「デジタルトランスフォーメーション」を加速するため、 グループ全体のシステムを統括し、部門を超えたデータ利活用を推進する。加えて5Gをはじめとした最新技術の導入、知的財産戦略の強化などにも取り組む。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 赤い1000形のイメージ。小田原方の一般色車6両と混結になるため、赤い1000形が先頭になるのは新宿行きの上りとなる。
  • 鹿児島本線と久大本線の被災状況。
  • 「ウィング・シート」サービスを行なっている京急の2ドア・クロスシート車2100形。
  • 斜面崩壊が発生した五十崎~喜多山間。
  • 瀬戸内海の「青」と海岸線から見える波の「白」をイメージしたツートンカラーとなる「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。

ピックアップ